KNC 株式会社ナカガミコーポレーション

トップページ 会社案内 お問合せ

■会社案内
経営理念沿革会社概要

経営理念



1.利益

利益は、我々の日々の適正な企業活動に対する、社会的評価及び受容の結果である。利益は、我々の会社の目的ではなく、永続的繁栄と幸福の為の重要な手段である。即ち、将来の繁栄と幸福をもたらす諸事業への投資、危機を克服するに足る内部留保、社員をはじめとするステークホルダーへの成果配分を目的とする。
故に、利益なき企業の存続は今後とも許容されるものではない。

2.人

人の能力は多様である。人はその能力を常に高め、能力に応じてベストを尽くさなければならない。
ベストを尽くす限りに於いて、人は全て人間として平等に尊重され、能力と結果に応じて公正に評価される。
我々が求める人とは、崇高なる志を堅持し、深い識見を涵養し、常に情熱と忍耐を支えに事を成す者である。
そのためにも日々自ら研鑚を積み、且つ我々を取り巻く全ての人達を師と仰ぎ真摯に学ばなければならない。

3.文化

 ●創意工夫

創意工夫はあらゆる場において必要とされる。創意工夫により物事は創造され改革がなされる。我々は
創意工夫を実践して行くことにより、我々の繁栄と幸福があるという事を常に自覚しなければならない。

 ●全力投球

我々は常にベストを尽くし、いささかの遅怠も許されるものではない。全力で創意工夫を尽しての成就は、
たとえ小なりと雖ども尊いものである。

 ●挑戦

我々は常に困難、未知、将来、夢に挑戦する。怯懦は我々の将来の繁栄と幸福を奪うが、勇気ある挑戦こそ我々に豊かな繁栄と幸福を約束する。

 ●感謝と謙譲

我々は過去に於いて、そして今日に於いて我々を取りまく多くの人々の協力と支援により存在している。
そして、将来においてもこの支援は事を成就するにあたり絶対不可欠の要因である。我々は 己一人では何事も成しえない事をよく認識し、感謝と謙譲の念を常に強く持たなければならない。

 ●人格の陶冶(とうや)

我々が日常接するすべての人々に対し、敬意と配慮を持ち、且つその事がその人達に受容されなければ
ならない。傲慢、無礼、不親切、自己中心、虚言、怠慢、無責任、横柄等の言葉や態度を我々の中から消し去るよう、人格を一層陶冶し、品性を高めなければならない。

 ●目標

目標は強く高いものでなければならない。しかし、過大なる目標によってかえって我々を阻害し、窒息させてはならない。目標を達成するということは、我々に高い満足感と幸福感をあたえてくれるのみならず、あらたな明日への飛躍の礎となるものである。

 ●最高の品質とサービス

我々は、常に最高の品質とサービスを提供する。最高の品質とサービスとは顧客の満足の度合いにより決定される。また品質、サービスとは我々の提供する商品、役務のみをさすのではなく、我々の人格をも包含する総合的な社会への貢献を意味する。

 ●一致団結

人の能力がいかに優れたものであっても、単にその個人により具現化された成果は自ずと限定された範囲に
とどまるものである。熱意にあふれた個々人の一致団結があれば無限の可能性が約束される。そこに組織の力の意義がある。ただこの組織は単なる烏合の衆であってはならず、己の信ずることを強く表明する積極的な人の参加によるものでなければならない。
ページの先頭に
沿革

ナカガミコーポレーション設立の背景

1969年設立の日本教育システム(株)を、1978年マーケティングクリエイティブ(株)に改組。その後引き続き調査事業、
教育事業(TOEIC)を軸に、販促・海外・店舗・IT・健康食品等の様々な新規事業の分野に進出してきました。
しかし多年にわたる事業経過の中で、各事業部門の相互依存即ち自立性の欠如が散見されるようになってきました。
そこで従来の事業部門を統廃合した上、独立事業体としての分社化に踏み切りました。このことにより各社とも自主独立の精神に培われた相互競争原理・相互協力の中で、グループ内企業としてのより明確な自覚と一層の飛躍を図っていくこととなりました。この流れの中で、全体としてのさらなる充実を期すべくグループ統轄持株会社として
(株)ナカガミコーポレーション(KNC)が設立されたものです。

沿革

1969年 2月 日本教育システム株式会社を設立。
1978年 7月 同社の事業の一部を継承し、MCC(マーケティングクリエイティブ株式会社)設立。
調査事業部、教育事業部の2事業部制としてスタート。
1985年 7月 MCCが販促事業部、店舗事業部を増設し4事業部制に。
1992年 7月 MCCが海外事業部を増設し5事業部制に。
1994年12月 フィリピンマニラ市にNTC(NAKAGAMI TRADING CORPORATION)を設立。
1998年 2月 GSC(株式会社ジーエスシー)設立。コンピュータソフト事業をスタート。
1999年 3月 MCC健康食品事業部がスタート。
1999年10月 MCCに特機事業部を新設。
2000年 7月 MCCに新規事業開発室を増設。
2000年 8月 KNC(株式会社ナカガミコーポレーション)設立。
2000年12月 YLC(株式会社横浜リブウェルコーポレーション)設立。
2001年 3月 MCC健康食品事業部が分離独立、NLC(株式会社日本リブウェルコーポレーション)設立。
2001年 5月 KNCがMCCからGSC株式を取得。
2001年 7月 MCCの健康食品事業部をNLCに完全移管。
2001年10月 KNCがMCCの株式を取得。
2002年 3月 NSC(日制システム株式会社)設立。
2004年 5月 BIC(株式会社ビアンネ)設立。(YLC、NLCの合併による)
2006年 5月 CBC(CBソリューションズ株式会社)設立。
2010年 5月 STS(株式会社シストレ総研)設立、NSCを清算しGSCに業務移管。
2010年 7月 美食市株式会社設立。
2011年 3月 株式会社商経(奈田利亭)の株式を取得。

会社概要

社名 株式会社ナカガミコーポレーション
所在地
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-9-5 FORECAST 五反田 WEST 5F
TEL 03-6431-8503 FAX 03-6431-8967
会社マップ
設立 平成12年8月15日
資本金 1,000万円
役員 代表取締役会長 中上仁平
代表取締役社長 中上元弘
主要業務 ●グループ各社に対する経営コンサルティング
●グループ各社のための新規事業の研究開発
●ベンチャー企業への投資
ページの先頭に

株式会社ナカガミコーポレーション Copyright(C)2005. NAKAGAMI CORPORATION.